出会い系でやりとりをする初級ポイント

他愛もない雑談をしながら相手の理解を深めていくのが鉄則

名前や簡単な自己紹介を済ませたら、相手にも尋ねて自己紹介をしてもらったり、他愛もない雑談をしながら相手の理解を深めていくのが鉄則です。
相手のことはプロフィールで把握できるものの、尋ねて聞くことがポイントとなります。
理由は明確で、それは相手の知っていることでも、あえて聞くことでそこからコミュニケーションが生まれるからです。
話の切っ掛けが掴めない場合も、こちらから自己紹介をして相手にも自己紹介を求めれば、初級の第一歩を踏み出すことができます。
例えば、街中で見かける気になる相手に話かけたいケースをイメージすると、天気などの何気ない会話がコミュニケーションの切っ掛けになることが分かります。
つまり出会い系におけるやりとりの基本も同様で、初級の人はこういった話題を相手に振って、コミュニケーションのチャンスを獲得するのが得策だといえます。
そもそも、出会いを求める人ばかりのサービスで、関係を発展させる候補ともいえる母数は沢山ですから、当たって砕けるくらいの気持ちで積極的に話しかけることが肝心です。
ただ、結果ばかりを求めて焦ってしまうと、その焦りが表面に出て相手に気持ち悪い印象を与えかねないので、一歩ずつ着実に関係を構築するつもりで会話を楽しみましょう。
余裕のある大人の振る舞いは、それだけで相手に安心感を与えたり、魅力の1つとして見せることができます。
出会い系には様々な人がいますし、中には恋愛経験が豊富な人もいるでしょうが、恋愛に不慣れな人も少なくないので余裕をアピールすることが大事です。
恋愛が不慣れだったり奥手の人は、余裕を感じさせる相手に惹かれたり、甘えたり頼りたくなるものです。
毎日のようにやりとりを進めていくと、やがてマンネリ化して変化が欲しくなってきます。

【ブログ更新なう】出会い厨速報 : 【出会い系】タダマンをGETするには? ~初級編~ http://t.co/WbY5eN4C #2ch #2chmatome #deai

— 現代動画研究会 (@nukivideo) November 9, 2011

相手の視点で考えてプロフィールを作成すること他愛もない雑談をしながら相手の理解を深めていくのが鉄則中級に進む為には、相手のプライベートに踏み込んで関係性を強める